代表的なニキビ薬について

dollarphotoclub_33956957

ニキビが出来たら薬を塗って治すものというイメージを持つ人は多いでしょう。ですが、代表的な薬が有効な段階は、毛穴の中に細菌が繁殖し、赤く炎症を起こしている段階です。

この段階でロコイド軟膏を使えば、毛穴の中の細菌の繁殖を抑え、炎症を和らげ、早くその症状を改善してく効果を期待する事が出来ます。

ただ、毛穴の中に入った皮脂や角質が角栓となった段階や、毛穴の中の角栓が膿になった状態のものには、こうした薬は効果を期待する事が出来ません。

ですから、現在の段階を見て、最適な対策を選ぶ事が重要になってきます。

角栓が出来ているだけであれば、アクネプッシャーでその角栓を押し出しておく、膿が出来ていれば皮膚科に行くという事が大切です。

そして、もう一つ意識しておきたいのが、毎日の洗顔と保湿ケアです。

出来てしまったニキビを治す事が出来ても、出来やすい状態が続いていれば、何度でも出来てしまう事になります。

ですから、治す時には予防を考えておく事が大切で、その為には正しい洗顔方法やその後の保湿ケアをしっかりと意識しておく事が大切です。

ニキビが出来たら、その段階に合わせた対策を行っておく事と同時に、予防を始めておく事がおすすめです。

コメントを残す