大人ニキビと思春期ニキビのちがい:大人ニキビは、ホルモンバランスの悪化が要因

dollarphotoclub_77366872

思春期の時期では、成長期のため、ホルモンバランスが乱れやすく、その影響で皮脂の分泌量が過剰になることがあります。そのため、ニキビができやすい肌環境になってしまうといわれています。

大人ニキビの場合でも、生活習慣などが乱れていることで、ニキビができやすい傾向があります。思春期の頃とは違い、不規則な生活や、睡眠不足などにより、自律神経やホルモンバランスが悪化することで、皮脂の分泌量が増える傾向があります。また、自律神経やホルモンバランスなどに影響するのは、ストレスによる場合もあります。

仕事などで、職場でストレスを溜めてしまう方や、家庭でもストレスが溜まる可能性もあります。ストレスを溜め込みすぎると、体にとってもあまりいい影響を与えず、精神的にも不安定になったり、精神的な病にかかりやすくなることもあるでしょう。シナール効果

そのため、大人ニキビを予防するならば、生活習慣の改善やストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

 

生活リズムを整え、しっかりと睡眠を取り、規則正しい生活習慣を身に付けることや、ストレスが溜まらないような生活環境を作り、また、定期的にストレスを解消できるように、リラックスできる環境、また気分転換のために、休日に旅行に行ったり、自分の趣味などに時間を使ったりと、楽しむことも大切です。

大人ニキビの原因は、その他にもいくつか考えられますが、自分の生活をしっかりと見直し、肌に影響を与えるような原因となるものを、できるだけ改善していくことで予防していきましょう。

 

 

コメントを残す