ニキビと洗顔は切っても切れない関係。石鹸洗顔のメリット・デメリット

attractive asian woman beauty image

石鹸による洗顔は、美肌のたまのもっとも基本的なスキンケアで、正しく洗顔ができていなければ、ニキビや肌荒れを起こしてしまいます。

多くの人は、冷水や熱いお湯で洗顔したり、おでこや鼻などをゴシゴシと擦るように洗う、タオルで擦るように拭いている、1日に3回以上洗顔しているなど間違った方法で洗顔しています。

 

洗顔の一番のポイントは、肌に必要以上の摩擦を与えないことです。

冷水で洗うと、毛穴が引き締まってしまい、赤ら顔や乾燥の原因になりますし、熱めのお湯で洗うと、皮脂や汚れが落ちすぎて、乾燥などの原因になることがあります。

また、ゴシゴシと擦ると、摩擦によって、角質を傷つけてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

 

特に、目元や口元などは、皮膚が薄いので、力を入れないで泡でやさしく洗うことが大事です。

また、タオルは洗顔時よりも摩擦を与えてしまうので、強く擦って水分をゴシゴシと擦り取ると、乾燥の原因となってしまいます。

 

そのほかにも、肌にはある程度の皮脂が必要ですが、過度な洗顔によって皮脂が少なくなってしまい、乾燥しやすくなってしまうので、1日に何度も洗顔するのは控えましょう。ノンエー

特に、ニキビができた時には、早く何とかしたいと思って、いつもよりもしっかりと洗顔をする人も多いかもしれませんが、ニキビができた部位には、過度な洗顔が刺激となり悪化させてしまうこともあるので、できてしまったニキビは、なるべく刺激を与えないようにしましょう。

 

コメントを残す