視力回復【コンタクトレンズ編】オルソケラトロジーってなに?

4583e80bf6601258f0eb5bd29d00db38_s

視力回復コンタクトというものがあります。オルソケラトロジーというもので、夜寝ている間に装着して角膜の形を変え、近視や乱視を一時的に矯正するコンタクトレンズです。矯正で変化した角膜の形はしばらく持続しますので、日中は裸眼で過ごすことが出来る、というものです。

視力回復コンタクトレンズ7歳~60歳くらいまでの、幅広い年齢層の方が使用可能、ということからレーシック手術が受けられない人でも使うことができるのがメリットです。

また、手術ではありませんから治療をやめれば、すぐに角膜を元の形に戻すこともできます。18歳未満の未成年者を中心として、近視の進行を抑制する効果があることもわかってきています。痛風に良い食べ物

 

欠点としては、矯正度数の範囲が比較的狭いため、強い近視や乱視は矯正することができないことがあります。また、目に合った視力回復コンタクトができあがるまでに、何度も調整が必要で時間がかかることや通院が必要なこと、ドライアイやアレルギーなどでコンタクトレンズが使えない目の人には使用できないこと、などが挙げられます。

いずれにしろ、オルソケラトロジーを試してみようと思ったら、眼科専門医の検査と指導をしっかり受けて、使い方や危険性なども完全に理解した上で行うようにして下さい。

コメントを残す