カラダの美白に大切な美容成分とは?

KMIMG_9368_TP_V

体の美白に重要な成分と言えば、ビタミンCとL-システインが良く知られています。ビタミンCとL-システインは協力して、シミ・ソバカスの原因となるメラニンの過剰な生成を抑えて、また、皮膚の新陳代謝を促進して、色素沈着の緩和に優れた効果を発揮することが認知されていて、美白効果を訴求する製品の主要成分となっています。

また、L-システインは、生体内に不可欠な成分とされています。ほかの物質と結合しやすいアミノ酸であるために、生体内で活発に化学反応を起こして、メラニン色素の調節、新陳代謝促進、肝機能の活性化、解毒作用などのはたらきをするのです。ほかに、ビタミンCも抗酸化作用、メラニン色素の生成抑制、コラーゲンの生成などにはたらくことは多くの方がご存知通り。したがって、体の美白ケアは、ビタミンCとL-システインを摂ることが最も有効であると考えられています。

そのほかの、美白に関する成分を紹介していきましょう。

まず、リコピン。優れた抗酸化作用をもつことで、注目を集めている栄養素です。太陽光線(紫外線)の照射によって皮膚に活性酵素が発生するのを抑制したり、メラニン色素を作りにくくしたりするはたらきがあると考えられています。つぎに、α-リポ酸。もともと人間の体内に存在して、細胞内でのエネルギー産生に深く関わっている成分です。糖質の代謝促進や高い抗酸化作用に加え、ビタミンC・Eのはたらきを高める作用もあります。また、コラーゲンの変成を抑制するはたらきがあるとも言われています。

以上のような成分を配合した美白を訴求したビタミン剤や健康食品、サプリメントなど摂取することで効率よく美白を目指すことができます。すでに黒ずみが気になっている方は、メラノサイトにアプローチするような美白ジェルやクリームなども併用するとより効果的です。

クレアフォート 美白効果

コメントを残す