脱毛を受ける前に知っておくべき!病気持ち、常備薬がある人へ

VER88_kazegahuku15151434_TP_V

脱毛に関する豆知識ですが、薬を服用している場合は施術は禁止とされています。

お手入れ当日の服用も施術は受けられないとのことです。薬の中に新陳代謝を促進するような成分や、薬が光に敏感に反応して体に悪影響を与えるとされています。カウンセリングの際などに薬を服用をしている旨を相談した上で、お医者様に脱毛サロンでの脱毛のお手入れに関する同意書を書いてもらう必要があります。

通院している場合も施術を受けられない場合が多いでしょう。全身脱毛ともなると1~2年のスパンを考えなくてはならないので、その間に病気になったり通院や薬の服用が必要とされる場合があるかもしれません。風邪薬や、花粉症、頭痛薬を飲むなど体調が悪い時は無理しない方が良いかと思います。早めに予約変更を心がけましょう。

とはいっても、急に具合が悪くなってしまうものかもしれません。当日ですとキャンセル料が発生してしまいますので注意です。

鼻水や咳など多少我慢できるようでしたら、薬の服用を休んで脱毛を優先してもいいかと思います。サプリメント等も禁止されている脱毛サロンもあるので、念のため脱毛サロンと相談しておいたほうが良いと思います。

1~2年の間、毎月のように脱毛サロンに通うことになるので、なるべく若くて病気にならないような時期に脱毛をすることはオススメです。最低限「脇」と「足の脛」はやっておくと後々楽ですよ。

また、余裕があれば顔脱毛などもしておくと化粧のりも変わるので美容に関心の高い方にはおすすめです。下記のサイトで顔脱毛について詳しくなれるので、ぜひ参考にしてみてください。

顔脱毛レシピ:http://kaodatumou.info/

コメントを残す