М字ハゲとO型ハゲ、基本的な治療法の違いとは?

bsfreee151108088544

M字ハゲとO型ハゲではそもそもの原因が違うわけで、必然的に解決手段も違ってきます。

M字ハゲは、基本的には脱毛因子のDHTを生成している還元酵素5αリダクターゼと男性ホルモンであるテストステロンの作用をブロックすることが基本的な対処法になります。そのために非常に役立つのがフィナステリドです。

日本ではプロペシアが有名ですね。フィナステリドは還元酵素5αリダクターゼの作用を阻止して、髪の発毛と成長を阻害する脱毛因子DHTを減らす働きがあります。フィナステリドは日本の厚労省の認可をもらった薬剤です。お医者さんから処方箋をもらえば手に入れることができます。

O型ハゲは血行不良が素因となっているので、まずはその改善からはじめます。例えば軽く体を動かすような適度な運動をしたり、ストレスを貯め込まずにうまく発散させていくちったことも対処法の一つですが、薬剤では、厚労省の認可を受けているミノキシジルがO型ハゲにとくに効果的とされています。

ミノキシジルといえば日本ではリアップが有名ですね。これらは頭皮の毛細血管を拡大させ、血液や髪に必要な栄養成分が細部にまで行き渡るようにする働きがあります。ミノキシジルは、リアップに限りますが薬局やドラッグストアでも手に入れることができます。これはプロペシアとは違って医者の処方箋は必要ありません。

また、M字ハゲとO型ハゲ、両方を同時に発症するタイプの人もいます。そういった複合型の人は、フィナステリドとミノキシジル両方で治療にあたることでもちろん効き目がありますが、同時に副作用のリスクもしっかりと把握しておくことが大切です。できれば独学で勉強するよりも、専門医の指導を受けながら治療に取り組むのがベターですね。

若ハゲAGA対策

コメントを残す